| ホーム | 次のページ>>
アメリカ最西端!Point Reyesで大絶景!
毎年の事ですが、
いやー、今年も早いね。


もう10月も半ば。
ホントに??
毎年言ってて嫌になるけどやっぱ言っちゃう。

もうっ!早いっ!!!



そろそろNYや東京の気温が下り始め、
SFの方が暖かくなってくる。

一年中ほぼ同じのこのお天気、
つまらないけど、
慣れてくると
過ごしやすいっちゃ過ごしやすい。

東京の祖母に言わせると
”うらやましいっ!”、らしい。
確かにそうかも。
ご老人や静養中の人とかには良いですな。




さてさて、
北カルフォルニアの
大自然と言えば色々ありますが、

地味に人気なのが
国定海岸にも指定されている、

Point Reyes National Seashore

日本語だと、
ポイントレイズ国定海岸。

アメリカ最西端の地です。



先日ワイナリーで出会った女性が、

”世界中旅したけど、なんだかんだで
ポイントレイズの絶景に勝る絶景は未だ無い!”と。


ほほーーーっう。


そんなスゴイ絶景がSFからたったの50キロ、
1時間ちょっとのドライブで行けちゃうなんて、
これはこれは行かない訳にはいかないな。

2009年に東海岸、アメリカ最東端の
ケープコッドに行っているので、
ぜひアメリカ東西最端、制覇したい!


って事で、Let's check it out!




10point_001.jpg

なんだかやっぱり
いつもと同じような景色。





が、山の高低差はいつもよりも激しい。

10point_002.jpg





地中海性気候ならではの
硬葉樹林(Sclerophyll)の森を抜けると、

10point_005.jpg





丘の上。

10point_003.jpg

丘を登ればいつもと同じ景色なのね。





この丘はあのジョージ・ルーカスの敷地。

10point_004.jpg

住所が公開されていないうわさのスタジオ、
Skywalker Ranchが、たぶんここ。


一見農場にしか見えないから
こんな名前がついてるけど、
中には制作スタジオはもちろん、
お家、ワイナリー、農場、レストラン、
人工池ともりだくさん。
関係者以外立入禁止という特別施設。

ドライブウェイとしても有名な
ジョージ・ルーカスの私道、
Lucas Valley Roadの一画だよ。
さすが本物のお金持ちは違いマッス。




この岩、Big Rockも有名なんだけど。

point01.jpg

思ったほど大きくなくて
別の意味でびっくり。
なぜ有名??



最近のお出かけと言えばもっぱら
ワイナリー巡りだったので、
いつもと違う景色がとっても新鮮。



ドライブに最高の道が延々続くよ♪

10point_006.jpg

10point_007.jpg

すでに絶景なのです♪





さて丘を超えると突然海沿い。
シーフードレストランもちらほら。

そりゃ食べなきゃね。

10point_013.jpg

The Marshall Store

シーフードレストラン。
地元のオイスターなどなど。



この辺りはベイになっていて対岸が見えるよ。

10point_012.jpg

こちらの建物に隣接している席は
お酒を注文していない人のみOK。



お酒オーダーした人は
少し離れた道路沿いの相席へ。

10point_011.jpg

こちらの席は長いテーブル席。
道路の真横でガッタガタ。


運良く海に向かっている席に座れても、
向いの席に他のお客さんが座ってしまうと
景色はブロックされ、
知らない顔を見ながら食べる残念なお食事に。

海に向かっていない席の人は
知らない顔とその後ろを通り過ぎる
車を眺めながら食べるという
とっても残念なお食事に。

ザ・どちらもアンハッピー。

どうにかなんないかなーこの席。
せっかくの景色が台無しだよー。




オイスター。

10point_008.jpg

10point_010.jpg

10point_009.jpg

ポークBBQサンドウィッチ。

どれもなぜか中華系のスパイスの味がして
うーむ。
好きな人は好きなんだろうけど、
あんまり好みじゃないかな。





気を取り直して向かう所は、

10point_019.jpg

10point_014.jpg

やっぱりワイナリー!



その名も、Point Reyes Vineyard

10point_015.jpg

10point_016.jpg

この辺り、
ワイナリーはこの1軒だけで
とっても気になっていたのです。

丘の中にポツンとある
とってもカントリーなワイナリー。

宿泊施設も経営していて
寝泊まりもできちゃうからステキ。
夜は星空、
ひっくり返る位キレイだろうなぁ。

いわゆるアメリカの田舎の家、
田舎に泊まろう!的な体験したい人には
良い宿だと思います。

アメリカンブレックファースト付きで
お値段1泊$155から。
うむ。高い?安い?意外と高い??






シンプル!ナイスデザイン。

10point_018.jpg

Point Reyesのおみやげにステキ♪


少量生産なのが好みです。

10point_017.jpg

古い年代のものも豊富にあって
小さいロットならではの
おもしろいセレクション。

2011 Dessert Viognierがすっごくおいしくて
買って帰ったんだけどすぐ飲んじゃって、
もっと買ってくればよかったと激しく後悔。

サイトを見たらなんとこの時代に
ネット注文は受け付けていなくて、
驚きのFAX注文のみーーー。
さすが田舎の家族経営。

ネット販売始めたら収益
余裕で倍以上になると思うんだけどなぁ。





すっかり寄り道しちゃったけど、
旅の目的、Point Reyesは目の前!

10point_021.jpg


海沿いに続く草原の中を走るよ。

10point_020.jpg

10point_024.jpg

10point_027.jpg

10point_023.jpg

だんだん海が近づいてきた。


北海道もびっくりの広さだな。
やっぱアメリカ広いなと
久しぶりにしみじみ。

はぁ。なんと気持ちがよいんでしょ。

10point_026.jpg

10point_028.jpg

長〜い1本道の最終地点。
絶景!到着!




ここからは歩いて行くよ。

10point_029.jpg

10point_030.jpg

10point_031.jpg

ほえーーー。
すっごい景色にしばし呆然。

これは確かにすごい絶景だぁ。

ありきたりだけど、
ホント人って小さい。
私たちって小さいんだな。

この世界の広さがうれしくもあり、
悲しくもある。
複雑な思いで眺めていました。

海を含む絶景って、
グランドキャニオンとかとはちょっと違い、
より地球規模で自然を感じられる気がするよ。
海って深いしどこまでも繋がっているし。





崖の先には有名な灯台。

10point_032.jpg

先ほどのワイナリーの
ラベルのデザインにもなってた灯台。

もちろん、アメリカ最西端の灯台です。

1867年にフランスで製造され、
SFまで運ばれてきたんだって。
1870年にはここで建設が始まったというからすごい。
こんな何もない絶壁によく作れたなぁ。





が、しかしこの灯台、

風が強すぎて階段が閉鎖され
入れませんでした。


でもでも全然OK!


とにかくものすーーっごい突風で
夏だというのに、
ダウンジャケット&毛布持参なのに、
めちゃめちゃ寒い!!!
(毛布はピクニック用のを巻きつけてる)

この寒さで下まで降りたら
もう体力なくなって
戻ってこれなくなっちゃうよ。
上で止めてくれてありがとう!

夏でもこれだけ寒いとか、
さすが北カルフォルニアだわぁ。
恐るべし突風。

この寒さを知らずに軽装備で来た
観光客の方々はガタガタ震えて、
トイレは大行列でした。
(なんと2つしかない!)
夏もジャケット絶対必須デス。




ナイス地層。

10point_033.jpg

10point_034.jpg

この海の先は日本だよ。
ハロー!

”ニホンのみなさんゲンキデスカー。”





一本道だから同じ道を帰る。

10point_035.jpg

あぁ。車のヒーターMAX。


10point_036.jpg

10point_037.jpg

10point_038.jpg

牛がおもちゃのようだ。


海ではクジラやアザラシ、
陸ではヘラジカや490種類の野鳥、
川では鮭やニジマスと、
とにかく大自然を大満喫できるのです。

近くには滝やキャンプ場もあったり
アウトドア派には楽園だよ。
夏よりも9月、10月の方が暖かいデス。




ビーチにも降りられる。けど寒い。

10point_039.jpg

10point_041.jpg

10point_042.jpg

10point_043.jpg

砂がモッチモチ。




帰りは海岸沿いのルートで。

ファイル_00

ファイル_01

ファイル_02

車のCMによく使われてる有名な道。
ね。見たことある気しない?




アメリカ最西端のポイントレイズ。

うわさ通り、
一度は見ておきたい大絶景でした。

行ってよかった♪




動物の写真などなど ★Point Reyes National Seashore


テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

[2016/10/18 16:00] | SFメモ - ワイナリー & 観光 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>