| ホーム | 次のページ>>
Sandy、NYに現わる
サンディ

思った以上にBig Girlでした。


去年の巨大ハリケーン
アイリーンを超える今回の被害に、
ブルームバーグ市長の対応の悪さが
またまた責められてマス。

”こっちは1ドルで市長やってるんだよっ!”

っていつか彼がキレないか心配・・・。



自然の前に人は無力ですね。
また思い知らされた。

起きてしまった事はどうしようもない。
これを教訓に二度と同じ被害が出ない様、
未来に生かす事がわたしたちのできる事。
浸水した街や地下鉄の
今後の対策が気になるところです。


夜が明けて、一日目、
NYの地下鉄は全面ストップ、
停電地区の復興も未定で
真っ暗な夜を過ごす地区もまだまだたくさん。

狭くて広いNY。
地区ごとに違う顔が魅力の街だけど
こんな時もストリート一本隔てて
状況が大きく変わってくるなんて、
良くも悪くもNYらしい。

一部、壊れた商店では
お決まり略奪もあったりだけど、
その手の犯罪は日頃から起きているので
ま、そりゃそーだろうなと。
それを正そうと思ったら、
教育からやり直さなきゃならないもんね。
ハリケーンうんぬんの話じゃない。


しかし!!!


今回何よりも目に余ったのが、

アホまるだしの一般人たちーーー!


助けが必要な人がたくさんいるって時なのに、
興味本位で荒れる浜辺にわざわざ行って
写真撮ったりサーフィンしてる人たち!
今にも落ちそうなクレーンの下に集まって
写真撮ってる人たち!

アホですか!?
アホなんですか!?



もうねー
こういうアホはたとえ事故にあっても
もう助けなくていいよって思っちゃうよ。。

救急隊員だって家族がいて、
大事な命をかけて任務を果たしてくれてる。
そんないろんな人たちの思いを
受け取る価値なしーーーーー!!!!!

しかもティーンならまだしも
大の大人たちが何やってんすか。
ニュースでこの手のアホオトナを見る度に
ムカムカ怒りが収まらなかったよ。

どうかどうか
自己責任でお願いします。



タッチダウンまっただ中って時も
窓の外を見ると
ドボドボで犬の散歩してる人や
風に逆らって自転車乗ってる人・・・。
今それ必要???
犬ですら何かがおかしいと気づいてるよ。

幸い我が家は何事もなく、
ネットがちょっと不安定だった程度。
けどもし車で金融街に行ってたら・・・、
イーストリバーに犬の散歩に行ってたら・・・、
大きな木のある並木道を歩いていたら・・・、
わたしだって
レスキューされる立場になってたかも。

そうならない様に、外出せず、
家で待機してニュースチェックして、
携帯充電したり食料準備したり。

最低限の安全は自分で作れるのに
それを知らない人たちは
自分だけじゃなく家族や友人、
大切な人までも悲しませるよ。

犠牲者の中にもきっと
明日のハロウィンを楽しみに
コスチューム用意していた人が
いたんだろうなぁと思うと
なんともやりきれない思いです。

明日は我が身、
みなさんも備えあれば憂いなしで
どうか気をつけてくださいませ 




折れ曲がった巨大クレーンが
うちからも見えます。

1210_sandy_02.jpg

1210_sandy_01.jpg


がんばって!
落ちないで!




日が暮れてからのマンハッタン。

1210_sandy_04.jpg

停電の地区が真っ暗で一目瞭然。

左端の黒い建物が
建設中の新ワールドトレードセンター。


拡大図。

1210_sandy_03.jpg

いつもはキラキラなのに・・・。

そのお隣の白っぽいビルは
ビーカータワー。
ビヨンセもブルーアイビーちゃんも
ロバートデニーロも停電中です。。

少しでも早く
いつものNYに戻りますように・・・。



今回も電話やメール、コメントまで
たくさんの人たちに心配してもらって
ホントわたしはシアワセモノです。

みんなありがとー

あ、連絡なしのみんなもね
わたしを思ってくれてた事、
知っているのでドントウォーリー 

関連記事

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2012/10/30 23:45] | TV & ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>