| ホーム |
1919年から続く老舗ジャズバー - The 55 Bar
やっぱり冬は
ジャズが聞きたくなる 

NYの冬にはJazzが似合うよ。

お天気悪いのが続くと
ますますジャジーな気分です。


ウェストヴィレッジには
たくさんジャズバーがあるけど
中でもバーとして特に古いのは、

Christopher Streetの55にある

The 55 Bar



1919年オープン、
禁酒法時代には闇で営業していた
ホンマもんのSpeakeasyなバー。
その後ジャズを演奏するようになり
今じゃ老舗のジャズバーです。
いつもの隠れ家バーじゃないよ 

1919年って
第一次世界大戦終わってすぐ。
ベルサイユ講和条約が結ばれた年だよ!
(行く行くパリへ!受験思い出すなぁ。)

もうすぐ100年目を迎える老舗バー、
そんな歴史あるバーで聞くジャズ
いいじゃん、いいじゃん。



サインは壁の小さな看板。

130103_02.jpg

老舗っぽくていいね!



良いサイズ。

130103_06.jpg

130103_05.jpg

130103_04.jpg

カバーチャージ(入場料)は
週末やイベント時期は$10~15、
平日はフリーの日も多いから
ふらっと入るのにオススメだよ。




ジャズバーの歴史写真ってスキ。

130103_11.jpg

130103_12_20130117073716.jpg

130103_03_20130117073714.jpg

130103_14.jpg



この日はジャズ&ブルース。

130103_13.jpg

おじーちゃんノリノリで
ブルージーなクリスマスソング
シャウトしてましたー。

SILENT NIGHT泣けた 




130103_07.jpg


ドリンクは一応
1セットで2杯オーダー要だけど
そんな厳しくないみたい。

2セット目で
2杯目頼むペースの人もたくさんいたよ。
一人2杯頼めば問題ない感じかな。

このルールだと
2セット楽しんだら
4杯飲まなきゃならないもんね!
みんな酔っ払って
ジャズどころじゃなくなるってーー。

お酒強い人ばかりじゃないのにね。
ジャズバーのお酒ルールって
飲めない人にはツライよね!
そんな方はぜひSmallsへ 
(過去メモ: SmallsでJAZZ



飲める人なので飲んじゃう。

130103_08.jpg

130103_09.jpg

130103_16.jpg

130103_15.jpg

Black and Tan
(ブラック アンド タン)

GuinnessとBassをハーフ&ハーフで。
ビール好きにはたまらない
イギリス発祥のMIXだよ。

ホントはスプーンの背中を使って
ギネスを滑らして注ぐんだけど
そこまでやってくれるバーは
なかなかないです。残念!

バスじゃなくても
ペールエールのビールならアリ。
けどやっぱバスがおいしいな。
両方のビールを見かけたら
ぜひお試しあれー。




130103_17.jpg

130103_10.jpg

歴史ある小さなバーで
NY独特のローカルな雰囲気
楽しむのに良いデス。

小さいお店だから
フリーの日や人気のセットは
外に列ができる事も。

キャッシュオンリー!
細かいのお忘れなくー!



130103_01.jpg

こんな夜はジャズ 


★The 55 Bar
55 Christopher St
New York, NY 10001 [MAP]
(212) 929-9883

ナイスこじんまり The 55 Bar

関連記事

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2013/01/16 19:00] | JAZZ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<これぞNYの隠れ家バー!- Fig. 19 | ホーム | SOHOのうわさのレストラン - Ken & Cook>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://urakony.blog25.fc2.com/tb.php/512-2383955f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |