| ホーム |
古き良き20年代を楽しむ隠れ家バー - Raines Law Room
いやー寒い。

ここんとこNYは氷点下が続いております。
顔がちぎれるかと思うほど風も冷たいよ。
なんだか気分だけ小顔。

立春も過ぎたしね、
日もだんだん長くなって春はもうすぐ!
寒さのラストスパート楽しまなきゃ。



そんな凍えるNYの冬にこそ
楽しみたいのが隠れ家バー。

夏はルーフトップバーや
パティオを楽しみたいけど、
やっぱ冬は隠れ家バーでぬくぬく
おいしいカクテル堪能でしょー。



フラットアイアンにある隠れ家バー

Raines Law Room



ユニオンスクエアーからも歩いてすぐ、
アクセスも比較的良いので
とにかくいつもすごい混み具合。
週末は3時間待ちとか普通だよ。

いつも言うけど、3時間も待ってたら
その前に他のバーで酔っ払っちゃうって!

て事で、
このお店は電話予約受け付けてます 

オープンしてからもう4年位経つけど
まだまだ人気なのも納得な
古き良き黄金時代のアメリカ、
1920年代を堪能できるスバラシイバー。

とにかくインテリアは必見。
一見の価値あり。

20年代の高度成長期の希望と勢いが伝わる
タイムスリップしたみたいな居心地の良い空間。
日本からのゲストは絶対絶対連れて行きたい!

ミクソロジストはNYの隠れ家バーの先駆け、
Milk and Honey出身だけあって
カクテルも納得のおいしさで文句無しだよ。




知らなきゃ絶対気づかない入り口。

20130110_01.jpg

ベルを鳴らすとバウンサー登場。

ここのバウンサーさんは
他の隠れ家バーとは全然違って
めっちゃ紳士でナイスだよー。
ヴィンテージなスーツもステキ。

予約の有無や人数確認して
待ち時間が知らされます。
火~木が空いてて狙い目。




広いブースに落ち着くインテリア。

20130110_03.jpg

20130110_02.jpg


お客さんもディナー前後にちょっと的な
ドレスアップしてる人や、
大事な人とゆっくり時間を過ごしたい
って感じの大人層で落ち着きます。

と言ってもここはアメリカ。
びっくりする位カジュアルな人もいたり。

席は広くてそれぞれ仕切られてるけど
せっかくステキなお店にくるんだから
他のお客さんの為にもある程度キレイにして欲しいなぁ。
'20sな雰囲気台無しだよー。





メニューが豊富で選ぶの大変!

20130110_04.jpg

20130110_06.jpg

20130110_05.jpg

ドリンク$15-$20のお値段も
安いとすら思えちゃう居心地の良さ。
サービスも言う事なし!




ああ、これぞ古き良きNY。

20130110_07.jpg

20130110_08.jpg

20130110_11.jpg

20130110_09.jpg

20130110_12.jpg

20年代のNYにタイムスリップ。

本来その頃は禁酒法が施行されていて
こういうバーはアンダーグラウンドだった訳で
それを思うとますますリアルでワクワク。
コンセプトがスバラシイ!

ウォール街が世界経済の中心となり、
電化製品が続々登場して
女性が社会に進出し始めて・・・、

そんな時代を感じながら飲むお酒はまた格別です。




まさにアル・カポネが出てきそう。

20130110_10.jpg

NYのイチオシ隠れ家バー、ぜひ一度。



★Raines Law Room
48 W 17th St
(between 5th Ave & Avenue Of The Americas)
New York, NY 10011 [MAP]

実はパティオもあるよ Raines Law Room

関連記事

テーマ:ニューヨーク - ジャンル:海外情報

[2013/02/04 19:30] | バー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<安い!100年以上続くジャズ&オイスターバー - 169 Bar | ホーム | NYのおとな人気チョコレート - Mast Brothers Chocolate>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://urakony.blog25.fc2.com/tb.php/517-0559fcdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |