| ホーム |
サンクスギビングはラスベガスでしょー!
ホントは、

”サンクスギビングはラスベガスでSHOWー!”

なーんて、
うまいコト言いたかったんだけど、


残念ながらベガスでショーを見る訳ではなく、
飲んで、カジノ、食べて、カジノ、なんだなー。

ショーな街だけについつい言いたくなっちゃった。



ハイ。
今回のサンクスギビングはラスベガスですー!



大好きベガス♪



今回で5度目??
実はめっちゃ来てるー!

こんなに何度も同じ街に遊びに来るコトってなかなかないよ。
この街、一度虜になるともう抜けられない。
酒飲みの天国とでも申しましょうか。
世界中のドリンカーさんにオススメなのデス♪

もちろん食べ好きさんも♪ ショー好きさんも♪
みんなをエンターテイメントする街なのだ。
けどギャンブラーさんはお気をつけなすってーー!


サンフランシスコからは飛行機でたったの1時間半!
近い!





空港、誰もいないよ。コワイ。。。

141201_01.jpg

がっらーーーーん。
普通、サンクスギビングは家で過ごすからね。



スロットもからーーーん。

141201_02.jpg

141201_03.jpg

そうなの!

ベガスの空港にはスロットマシーンがあるよ!
これってすごくない?!

スロットの隣のバゲージクレーム見える??
非常にシュール。
スーツケース待ってる間に一勝負!?

いつもは搭乗ゲートでも最後まで(最初から?)
ゲームしてる人がたくさんいるんだけど、
さすがに今回はほぼゼロ。

あ、あと、
ベガスの空港の到着口にはセキュリティーゲートがありません!
これって今どきすごいっ!国内線だけなのかな??
飛行機から降りるとすぐそこに迎えの人がいる風景って懐かしい。




ささ、タクシー乗ってホテルに行くよ♪


空港からはストリップ(メーンストリート)まで
15分もかからない。
広い街だけど非常にコンパクトにまとまってます。

各ホテル行きの共同シャトルバスもあるけど
場所によっては3倍位時間かかりマッス。
その分ちょっと安い。



とってもフレンドリーでラブ日本なタクシードライバーさん、

”ホテルは何でも高いから途中でお店に寄るし
お水とか部屋で飲むお酒とか買っていきな〜”って。

待ってる間はメーターもちゃんと止めてくれて良心的。
観光客も喜ぶし、地元のお店も助かるし、
スバラシイサービスです♪




今回のホテルはAria。

141201_41.jpg

141201_42.jpg

141201_43.jpg

おおーーー!ベガス来たって感じするー。


コンテンポラリーで新しいホテル。
3年位かな?

前回、前々回とPalazzo、その前はVenetianと、
同じ系列が続いてたので今回はMGM系列。
今やベガスを牛耳る一大グループです。

ベガスではホテルも楽しみのひとつ♪
たまにアホみたいにゴージャスなホテルに泊まるのも
良いではないかー。




シンプルなインテリア、落ち着くね。

141201_05.jpg

141201_223.jpg

前回続けて宿泊したPalazzoは
全室スウィートでリビングルーム付き。
それに慣れちゃうと若干狭い気もするけど
ストリップの真ん中という立地、便利さを考えるとかなりナイス!


しかもこのホテル!


お風呂が日本式なのーーー!
これは日本人にうれしい!

141201_04.jpg

シャワーが別室じゃないってスバラシイ。
しかも超巨大バスタブ!溺れるよーーー。

こういうトコもやっぱ中国系の客層狙いなんだろうなぁ。
一昔前のLAの都ホテルのお風呂とおんなじ感じね。

洗面台もちゃんと2つ♪
タオルもリブタオルで好み♪

しかしトイレのドアまでガラス!?!?
なかなかユニークです。




うすいけどバスローブ。

141201_08.jpg


タオル地ふわふわスリッパ。

141201_07.jpg


要注意冷蔵庫!

141201_06.jpg

冷蔵庫の中はちょっとでも動かすと速攻チャージ。
テーブルの上のクッキーとかは、
”60秒間離すとチャージします”って注意書き。
60秒ってのが優しさなのねん。


このホテルの最大の特徴は
宿泊の全てがコンピューターで管理されてるコト。

カーテンの開け閉め、部屋の明かり、モーニングコールはもちろん、
ルームサービス、冷蔵庫の請求、部屋払いのレストランのレシート、
全て部屋の巨大モニターで管理して確認できます!
これで全部対応してくれてかなり便利でした♪

チェックアウト時、
カードキーをドロップするだけってのはどこのホテルもやってるけど、
ここまでマシン化するとは近未来ホテルだなー。
ホテルの従業員の仕事がなくなりそうだ。




景色も最高ー!

141201_11.jpg


んんっ!?

141201_224.jpg

ハロー。


ひ、ひこにゃん!?(ふなっしーじゃなくて?)

な、なぜここに?!?!


彼、”連れてってーって言ってたから連れてきた。”

どこから持ってきたの???
しかし君たちセットでカワイイな。




さぁ、沈む夕日をカウチに座ってゆっくり眺めよう。
まったり〜。




なんて言ってられないっ!



そう!



カジノへGO!




とりあえず、まずはスロットね。


シャンペンにはイチゴ付き。

141201_44.jpg

女子層狙ってマス。

このGold Fishがスキなのー。
釣りゲームのスロットなんだけど
グラフィックスがかわいくてついついハマる。




その後は、マシーンルーレット。
テーブルルーレットの前にね、小手調べ。

その辺のバーよりおいしいモヒート。

141201_50.jpg

141201_51.jpg

141201_47.jpg

141201_46.jpg

Ariaのドリンクは他と比べても質が良い♪

サイズも大きいしフルーツもフレッシュ。
そしてもちろん、すごく強い!


飲み助には天国だよーーー。
止まりません!!!
酔わせるためと分かっていても止まらないー!


基本ベガスのカジノのドリンクは無料。
プレイしてるとバニーちゃんが来てくれるので
欲しいものをオーダーしてゲームしながら待つのみ。

しかしこの待ち時間が問題なのデス。

うっかりしてるとこの待ってる間に
あーっと言う間に負けちゃう。
うんうん。よく出来てるシステムだわー。


負けてても勝ってても、
バニーちゃんにはちゃんとチップを渡しましょ。
1杯につき$1〜でOK!
ソフトドリンクでも水でも同じ。
ビール、カクテル、ワイン、ウィスキー、ジュース、水、
ひと通り何でもあるからスバラシイ。

以前はバニーちゃんと言えば若い子が当たり前だったけど、
今回はなんだかとっても年齢層が上がっててびっくり!
露出もかなり減ったし。(歳相応妥当なのか。。。)
やっぱまだまだ不景気なのね。




ベガスのホテルはいちいちお金をかけていて
非日常、異次元レベルなバジェットの
建築とかインテリアを見るのも楽しみのひとつデス♪

141201_48.jpg

壁全体に刺繍入りとか。
エレベーターホールの壁は皮に刺繍入りだったり。



ナイス巨大アート。

141201_49.jpg

141201_12_20141204192228475.jpg


そろそろ小腹がすいてきた。
飲んでばかりじゃダメだよ!

ベガスと言えば食も楽しみのひとつ。

有名シェフのレストランやバッフェもたくさん。
今やホテルのバッフェはベガス名物となってマス。


ってコトで次回はバッフェへ続くよー。


関連記事

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

[2014/12/04 18:00] | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ベガスと言えばバッフェでしょー!Wicked Spoon! | ホーム | ナパの1つ星フレンチレストラン - Bouchon >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://urakony.blog25.fc2.com/tb.php/552-b8e3e32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |