| ホーム |
富士山と温泉と海の幸
ちょっとうっかりすると
あっという間に日が経っちゃうなぁ。


早く日本メモを終わらせなければー。

ささっと行こう。




日本と言えば、富士山!

日本に帰ってきたら
やっぱ見ておきたいじゃん♪



旅の疲れを癒やすためにも
温泉とセットで楽しもう!

渋谷から高速バスで2時間ほど。
寝たと思ったらもう河口湖。
仮眠もできてちょうどよい距離なのね。







お部屋の露天、最初に考えた人って天才!

150802_057.jpg

ふーぅ、温泉。




富士山、どーーーーーんっ。

150802_060.jpg

ハロー。

さっきまで大雨だったのが嘘みたい!
なんとラッキーな!



夜もしっとり良いですな。

150802_059.jpg

眺め最高。


しかしいつも思うけど、
絶対絶対これ外から見えてるよね!!!

今どきの双眼鏡やカメラのズーム、なめちゃいかん。
どうにか対策ないのかなぁ。
女子には死活問題デス。




これもある意味、女子には死活問題。

150802_058.jpg

食べすぎ注意だよー。


と思いきや、この後もそんなにボリュームなく。
良かったような、悪かったような。

お漬物が真ん中にある時点でなんとなく気づいてた。

今回は露天風呂付き客室重視の宿って事でね。
オッケー。




屋上の足湯、眺めもよくてナイス。

150802_063.jpg

150802_062.jpg

150802_064.jpg

150802_066.jpg

富士山が見えるだけあって外国人観光客もたくさんでした。

いつもは箱根の温泉なんだけど、
今回は箱根山の噴火を恐れてこっちに来ちゃった。
けどやっぱり箱根がスキ。
お湯が違いマッス。





神々しいよ。富士山。

150802_069.jpg

光の輪に駆け込む天女!?
見える?見えるよね??

思わず立ち止まってしまう。

昔の人はたくさんのことを
富士山に託していたんだろうなぁ。

自然の神秘、再確認。




富士山にいっぱいパワーをもらったら
おいしい海の幸を食べに行こう!

150802_071.jpg

150802_073.jpg

150802_072.jpg

150802_074.jpg

沼津の某有名お寿司屋さん!


どうしてもここに行きたくて
3週間前にSFから電話してキャンセル待ちリストに。
4組も先に待ってたのに奇跡のカウンター席ゲット!
イエイ!



シャッキシャキもずく!

150802_077.jpg

150802_076.jpg

150802_075.jpg

150802_078.jpg

150802_079.jpg

はぁーーーん。

どれもこれもおいしすぎるー。
しかもお値段格安。
アメリカじゃ、この5倍のお値段で
半分以下のクオリティー。泣ける。

お魚がどういう食べものか思い出させてくれるよ。
それ位、新鮮。





沼津のホテルでのサービス。

150802_080.jpg

無料のお水。

ガンバレーセルリあーん。





お久しぶり!沼津!
子供の頃以来だ。

150802_081.jpg

150802_082.jpg

150802_083.jpg

150802_084.jpg

うおおお。
わたしの中のネコの血が騒ぐ!

食べたい!
飛びつきたい!!




お昼はもちろん、

150802_085.jpg

150802_086.jpg

海鮮どーん!
しらすどーん!

ひっくり返る位おいしかった!
小エビのぷりぷり感、尋常じゃない。
うますぎる。安すぎる。


冷たい日本酒できゅーーーっっ。

150802_087.jpg


香り高い、あおさのりの天ぷら。

150802_088.jpg

もう一つ胃が欲しい。




気になる。

150802_089.jpg

けど、しらすソフト試す勇気なし。




ああ、鮮魚たちのなんとおいしい事。
立ち寄ってよかった。沼津最高!

15080808.jpg


ささ、ここから、
京都、姫路、広島、博多と南下して行くよー!

強硬スケジュールで日本を満喫。


日本メモ、次回で終われるかな。


関連記事

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

[2015/09/21 17:00] | 日本メモ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<祇園祭な京都を楽しもう | ホーム | ぼく、トラのもん。からの新宿>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://urakony.blog25.fc2.com/tb.php/562-d1849a58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |